_ JULIUS

I feel there are many different elements inside myself that contribute to the creation of a collection. I create the collection when these differing elements accumulate to such a point that they form into one exceptional vision or idea.

These elements are the following :

Art, Architecture, Music, Ambient Sound / Noise, Travel, Emotional Communication and my own internal creative urge. The aim is not only to create simply “clothing” but rather, to create and contribute to a person’s total life-style and existence.It’s a similar process to making a movie and a very sacred and profane thing. Sometimes the world of my imagination and vision becomes frayed and broken-down, chaotic and corrupt, the stillness sunk beneath loud vibrational noise, the purity and destruction contained within every Pilgrim.Its a sharp and metallic industrial mayhem.

Black is always the base of my creative palette. “Black” symbolizes the Avant-Garde and has a deep spiritual and noble meaning for me. I am obsessed by the image of “Black” in Japanese Religion , in Zen. It represents the crazy darkness hidden in the shadows away from the light. It is the total color of complete and utter grief.


コレクションは様々な要素が僕の中に蓄積され、一つの世界を作り出した瞬間から始まります。その要素は時にアートだったり、建築、音楽、日々感じる音、旅、そして人との感情的なコミュニケーションだったりします。

僕にとってのクリエイションは、服そのものを作るのだけではなく、その服を着ている人々の存在自体や、彼らを取り巻く世界を作るという行為を主としています。それは一本の映画を作る行為にとても近く、とても神聖で、ある種、冒涜的な行動ですらあります。その世界は時として、朽ち果てた、混沌の支配する退廃であったり、轟音の支配する中に潜む静寂であったり、破滅的な純粋さをもった巡礼者という存在、鋭利で金属的なインダストリアルな狂気、であったりします。

黒が常に僕のクリエイションのべースです。僕にとって黒はとてもアバンギャルドで、精神的に崇高な意味を持っています。日本の宗教である禅的な意味合い、西洋におけるアンダーグラウンドなフェティシズム、光と対比する狂気的な闇への執着、そして全ての悲しみを弔う色。


Tatsuro Horikawa [ JULIUS Designer ]

Tatsuro Horikawa